FC2ブログ
Happy Life ~あなたにはあなたの人生~

知識が偏見を生み出すとしたら…

2011/12/06 Tue


おかあさんの部屋・第一回講習会の内容が決まりました♪

「リフレッシュ体操といい睡眠」

*2012年1月29日日曜日
*池袋・勤労福祉会館
*13:30~16:00(終了予定)
*会費 500円(水&資料代含みます)


詳しくはこちら、詳細ページグッド!

長い道のりでしたけど、協力者が強力でっっ
なんとかここまでやってきました!
是非ともご参加くださいね~
どうやらスマホ対応が出来ていないページなので(閲覧はOK)
★お申し込みはメールでもコメントやメッセージからでもどうぞ★


さて、この前(の前)「私たちはなにに傷つき、なにを恐れるのか…」
の中で、私は不遜にも、当時の教育実習の先生について KYとか書き、
自分を偏見のない人間と表現しましたよね…

あの記事を書いた後、ずっと自分の中で反芻していたんです、もやもやして…

なんでか分からない、自分が過去を吐き出してもすっきりしない、
この感情、なんだろう、何かが違っていたのだろうか…
そしてね、ついに? 気づいたんです

その級友を指名した先生は、なんの先入観もないからこそ彼を指名し、
私こそ偽善的な正義感で彼をかばうべく、先生に声を上げた…

そうですよね、みなさんはきっと、読んだときからお気づきだったのかも…
私はそんなことを、35年以上経った今、ようやく分かったのです
ああして、記事に書いていてなお、理解していなかったことを…

そして今度こそ、本当に恥じ入りました
自分のおごり高ぶりに
それこそが、自分が知らずに犯した罪、というものなのでしょう

私はだれかを傷つけたのではないかもしれない
けれど確実に、自分自身を貶めていた
それに今、気づいたのです



ウチの息子は小学生時代、決して目立つ子ではなかったけれど
理屈っぽい割に、外遊びが大好きな元気な子でした
特別悪さをする訳ではないし、もちろん乱暴者ではありませんでした

6年生のある日、担任の先生から電話があり、
転校してきた友達のお母さんが話したいそうなので電話を受けてください
と言われ、事情を説明されました…

それによると、その男の子はADHDだったか(当時はよく分からず)
対人関係が上手にできず、親子で苦しんできたが
お母さん自身がいろいろ勉強を重ね、彼自身を理解した上で
このクラスで小学校を卒業することに決められた、
普通に接してほしいということなので学校も受け入れた、と聞きました

ところが、ウチの子たち男子数人が、彼の動作が遅いことをからかい
急かしたかなにかで、蹴っ飛ばした、というのです

担任の先生はウチの子の気性をよくよくご存知だったので
悪意を持ってそんなことをやるようなことはない、と、
先方に説明してくださって、先方は息子さんのことを私に話したい、
ということだったので、お電話を受けたのです

ところが、かかってきた電話口のお母さんは感情的で、
息子を電話に出すようにいきり立っています
とりあえず、息子が電話に出て、なんだか黙って聞いていましたが
時折、ハイ、ハイ、と、返事をしています…

しばらくして電話を代わったところ、
  今、息子さんが、ウチの子を蹴ったこと認めました
と、激高しています
私はとても納得がいかず、でも、「息子が蹴った」という
厳然たる事実に対してはお詫びしました

電話が切れてから、私は改めて、息子に話を聞きました
息子たちは、それが障害だとは知らなかったし、
いっしょに遊ぼうと誘ったつもりもあり、蹴りもした
彼が特別だからとか、考えてもみなかった…

 でもね、今の電話ではわざと蹴ったとかひどいことをしたとか
 全部認めた、って言われたよ、そんなつもりじゃなかったんでしょ

 うん、でも全然しゃべらせてくれなかったし、
 そうでしょっっっ とか言われて口を挟めなかった

 そうだね、だけどやっぱり、どんな相手であれ蹴ったのはダメっ


そして、担任の先生に報告したところ、
先生はずいぶん驚かれて、そんな話ではなかったし、
息子さんの障害のことを正しく伝えたいからということで
電話を取り次いだ…
実際のところ、他の先生も視界に入っていたので
そんなにおおごとでもなかったはず…

だけどやっぱり、先方の身になれば
我が子が障害のためにいじめられた、と思ったのでしょう

だけどね、ショックを受けたのはウチの息子でした
それこそ何の偏見もなかったのに、

そうなのか、彼は違うのか、だから普通にしちゃダメだったのか…

そう思って傷ついたのです
もう卒業も間近な頃、
息子は私立の中学へ進むことになっていたので、
なおさら残念な思いがありました
だけど担任の先生が最後まで、息子を信じてくれたことを
私は息子に伝えました

こだわり屋だけど理屈が通れば納得する息子だったので
自分の中では解決したらしく、卒業までの間、その子とも
上手に距離感を保って接することが出来たようです

私はつくづく知識はどこまで必要なのか、と考えさせられました
極端に言えば、知識が偏見を生み出すことだってあるのではないか

35年前の私がまさにそうだったように…


転校生の男の子はその後、地元の中学に進んだものの
馴染むことが出来ずに養護学校に転校したと聞きました(ウワサです)
あのお母さんはどうしていらっしゃるのか…
今、私は「すべてのおかあさんの笑顔のために」なんて
それこそ何様、みたいなことをぶち上げています
だけど、私の中のひとつひとつの苦い体験が、
自分の知らないところで犯す罪ではなく、励ます力になれば…と
ちょっとムシのいいことも願いながら、今日も前に向かっているのです








会社になりました♪
 株式会社マツザキ こんなことになってます

おかあさんの部屋のネットショップはこちら♪
 おかあさんの部屋・一天屋 中高生も大歓迎の流行雑貨もたくさん

ご相談ください♪
 おかあさんの部屋・マツザキ 相談室の詳細も予約状況も分かります

毎日元気に更新中♪
 AB型☆がんこhaha 日記 本音満載のアメーバブログ

ショップブログも始めました♪
 おかあさんの部屋・一天屋ブログ イチオシ商品を毎日写真でご紹介


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

happonta

Author:happonta
28歳のぶっ飛び長女・25歳社会人長男・末娘は家出中に成人したシングルマザーです…>_<…
小学校受験・中高一貫校受験・大学受験を体験、娘の高校中退や更生も体験しています。家出もね…>_<…
サービスディにはいそいそと映画館通いをしています。
我が道を行く55歳☆
一人株式会社も5年目に突入です♪
おかあさんの部屋・一天屋ではネット販売♪
おかあさんの部屋では、ミニ講習会が人気です♪
本音全開のアメブロでは偏屈ぶりが話題??
想像力と現実逃避、サービス精神で生きてます^^

ようこそ
おかあさんの部屋とは

すべてはおやこの笑顔のために☆ マタニティ&ベビー用品を扱うYahoo!ショップ mam-一天屋
レアな人気のブライスを扱うYahoo!ショップ
ネオ-ブライス
がんこhahaがおかあさんの笑顔を思いながら 一生懸命仕入れた商品ばかりです★どうぞご覧ください♪


おかあさんの部屋・一天屋
http://tokyomatsuzaki.com/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク