FC2ブログ
Happy Life ~あなたにはあなたの人生~

自由であることの責任は…

2011/08/10 Wed


人間は、自由でありたいとか、自分は自由だとか言っても
生まれ落ちて以来、本当に何事にも縛られずに存在するなんて
まったく不可能な動物ですよね

いきなりですが、このトシになって(公表してます…)
改めてこんなことを実感しています

ガラスの心を持ってしまったら、ってお話を書きましたが
そうじゃなかったとしても、人間には縛りが多くって
生きにくさや、時に息苦しさを感じることは誰でもありますね

そんなとき、人はどうやって自分を納得させるんでしょうか
ストレス、っていう言葉を、今では子どもも平気で使う時代
ストレス発散、ストレス解消、老若男女、みんなストレスを抱え
どうやってそれとつきあっていくのかが人生のテーマになってる、
なんて言っても過言ではない状況ですよね


テレビのドラマが大好きな私が前シーズンに夢中になったのが
テレビ東京系列の「鈴木先生」という作品でした
これは、中学2年生の担任、鈴木先生と子どもたちの成長記、
っていうと、青春ものか、みたいに思われるでしょうが、
全然違うんですよ
きっとイヤな人は途中で観るのをやめたでしょう

中学2年生のリアル、想像がつきますか
それを真っ正面から取り上げる鈴木先生は、子どもたちと
戦うのではなく、受容し、理解し、考えさせるんです

例えば、性教育で避妊を習います
これは考えるのではなく、習うのです
そこには実は大きな矛盾があり、よく考えれば分かること、
「避妊をせよ、ということは、性交渉を認めている」
という事実です
また、最終回に近づくと、鈴木先生自身の問題が発覚し、
できちゃった結婚、という問題が取り上げられます
これについての、子どもたちの議論がすごいことになる
はじめは単に先生に対する失望感だったのが、
自分の生い立ちまで考えることにつながっていくし、
多くの人々の、あまりにも違う考え方や生き方を知る

そんな話がちりばめられて、圧倒される鈴木クラスですが
鈴木先生の一貫した考え方は

  きみたちにはすべてが許されている
  それは許されているだけであって
  していいかどうかは自分で考える問題だ

ということなんです
自由は責任を伴う、大きな責任を負うことになる
それを子どもたちに考えさせる訳です

だからきっと、なぜ殺人がいけないのか、自殺が罪なのか
ルールを守らなくてはいけないのか、などなど
人間のテーマとも言うべき問題は、すべて当てはまる

人は本来、自由、だけどそこには責任がある
逆に、責任から逃れるためにルールを作ることもある

自由を掲げて制服を全廃した時代がありました
それが面倒になって制服を復活させる時代が来ました
今では「なんちゃって制服」姿が街にあふれています

人間は縛られることを嫌っても、
完全な自由には恐れを感じる…
そんな身勝手な生き物なのかも知れませんね
自由と責任のバランスを上手にとることで
ストレスとも上手につきあっていけるんじゃないかな

なんて、勝手気ままにドラマを観ながら、
その分、あとで宿題に追われる我が子を見ながら
実感する長い長い夏休みであります


鈴木先生 完全版 DVD-BOX鈴木先生 完全版 DVD-BOX
(2011/09/07)
長谷川博己、臼田あさ美 他

商品詳細を見る










ご相談ください♪
 おかあさんの部屋・マツザキ 公式ホームページ

毎日元気に更新中♪
 AB型☆がんこhaha 日記 アメーバブログ

【カウンセリング.COM】で ちょこちょこ回答もしています。






人気ブログランキングへ
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

おひさです[i:63996]

タイトルどおりです(笑)
いつもお世話になっています

記事自体は、読んでいたのですが、なかなか難しいなぁと思ったのと、私自身もいろいろあって、コメントが今頃に…m(__)m

この暑さの中、エアコンが絶不調になってしまい、修理依頼したのですが、本格的な修理は、お盆明けということで、応急処置してもらいました…

後は、ダンナと一緒に人間ドックに行ってきました
やっぱり一人は、まだちょっぴり不安だったので…


今回のテーマ、自由と責任…

難しいですよね…
中2の国語の授業で、自由について話し合ったことがあります

一人の男子が、殺人もしたければしていいと発言し、けっこう活発な議論になった記憶があります

殺された人の生きる自由はどうなるのか、殺人が自由なら、自分もいつ殺されるか、わからないってことだが、それについてどう思うのか…

最終的な結論がどうなったかは記憶にないのですが、いろんな意見が出て楽しかったことは覚えています…

制服についても、我が母校は、大学紛争に同調して紛争を起こし、結果として、制服の自由化を始め、様々な権利を手にしたです

自由な校風が売りのでしたが、自由の捉え方が人によって違うので、時にはもめることもありましたね…(笑)

なんだか、ズレてきましたね~(笑)?


もう少し、考えてみます

私自身のことは、また今度、おしゃべりさせてくださいませ…


では、また…m(__)m



Re: おひさです

ありがとうございます♪

有意義な夏休み?ですねっ
人間ドック、大事ですよっ

私は久しぶりに連日遊びまくって、妙なお疲れです…
私の休みはあと二日、ちょっとアタマも休めて
(あ、いつも休んでるけど)
真面目ブログは休憩ですv-31

休養明けには元気に再開、って結局いつものペースと
全然変わりませんけどね、気分は夏休み、ってことで

ではまたv-22

教えて下さいませ…

お休み、ゆっくりしてくださいね~(笑)

後で、happontaさんの考えを聞かせてください…


え~と…、我が家には、20代半ば過ぎの娘と、大学2年の息子がいます…

娘は、明るくておしゃべりな子なので、にいると雰囲気が明るくなります

息子は、基本的には明るい、面白い子ですが、普段はであまり話しをしません
でも、娘がいる時は、けっこう一緒に盛り上がったりします…

ダンナは、もともとおしゃべりな人ではないので、娘が彼と夕飯を食べに行ってしまって、私とダンナと息子の3人で、とか、私とダンナの2人でいると、の中が静かで、を見ていても、それぞれが笑ったりするだけで、盛り上がることも少ないんですよね…(笑)

娘は、年齢的にも結婚しておかしくない年ですし、先日、親子3人で話した時に、「結婚する、しないに関わらず、30までには独立したいと思ってる」ことも初めて聞きました…


いつかは、娘がからいなくなるのは、覚悟していたのですが、いざ間近になってくると、寂しくて仕方ないんですよね…

まぁ、今はこんな状態だから余計に強く感じてしまうってことはあると思うのですが…


多かれ少なかれ、どこの母親も経験することで、それぞれ独自に乗り越えるしかないのもわかっています…

ダンナさんに先立たれた友人には、ダンナがいるだけいいじゃないって言われるけど…


子ども達がいて、にぎやかだったから、子ども達がいなくなる…

happontaさんは、寂しくないですか?








ごめんなさい…m(__)m

え~と…、1つ前のコメントですが、つまらないことを書きました…
ごめんなさい…


答えは、自分でもわかっているのですよね…

子どもの人生は子どものものだし、親には親自身の人生があること…



子どもの足を引っ張らないようにするには、親が自分自身の人生を大切にして、行くしかないのですよね…


私も、少し調子に乗り過ぎていたようです

ただ、娘がから独立していくのは、本当に寂しいのですよね…


独り立ちしようとする娘を祝福というか、誉めてあげられないなんて、私自身がちゃんと大人になりきれていないのでしょうね…


…本当に失礼しました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: え~と…

ありがとうございますv-22

お陰でシステムの不具合に気づきました…
更新してもなおらないようなので、新しい記事として
UPしてみたところ、うまくいったようです

いやまぁ、どっちにしても
手直しがかなり必要な記事だったんですけれどね
そのまま手を入れずにUPしました
近々言い訳的続編が出るかもしれません???

いつも丁寧に目を通してくださっているお陰です
ホントにありがとうございました☆
プロフィール

happonta

Author:happonta
28歳のぶっ飛び長女・25歳社会人長男・末娘は家出中に成人したシングルマザーです…>_<…
小学校受験・中高一貫校受験・大学受験を体験、娘の高校中退や更生も体験しています。家出もね…>_<…
サービスディにはいそいそと映画館通いをしています。
我が道を行く55歳☆
一人株式会社も5年目に突入です♪
おかあさんの部屋・一天屋ではネット販売♪
おかあさんの部屋では、ミニ講習会が人気です♪
本音全開のアメブロでは偏屈ぶりが話題??
想像力と現実逃避、サービス精神で生きてます^^

ようこそ
おかあさんの部屋とは

すべてはおやこの笑顔のために☆ マタニティ&ベビー用品を扱うYahoo!ショップ mam-一天屋
レアな人気のブライスを扱うYahoo!ショップ
ネオ-ブライス
がんこhahaがおかあさんの笑顔を思いながら 一生懸命仕入れた商品ばかりです★どうぞご覧ください♪


おかあさんの部屋・一天屋
http://tokyomatsuzaki.com/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク